妊婦健診

Medical information
【妊婦健診】妊娠中、お魚はどれだけ食べていい?🍣
2022/06/01

定期購読中の専門誌の最新号(2022年5月号)に、最新の情報が書かれていました🤔

ツナ缶やイカ、タコ、ブリ、カツオ、アジ、サンマ、イワシ、その他小さな魚は注意対象魚介類に含まれておらず、特に制限はありません🐟 火を通さず生で食べて大丈夫、回転寿司も大丈夫です🍣

マグロの中でも、キハダマグロ、ビンチョウマグロ、マグロのツナ缶も妊娠前と同様に食べていただいてさしつかえないです🤗

クロマグロ(本まぐろ)は1週間にお寿司5貫またはお刺身5枚までですが、妊娠していなくてもそれ以上食べる方は少ない?ような気がします🍣

その他の注意を要する魚のほとんどが大型の魚で、文献の表にはバンドウイルカ、マッコウクジラとありますが、日常的に食べる機会は少ないかと思います🐳

食物連鎖での大型魚の濃縮水銀が、胎児にどう影響するかについてですが、例えば音を聞いた場合の反応が1/1,000秒以下のレベルで遅れるようなもので、将来の社会生活に支障があるようなものではないとされています。

 

それよりも、魚介類には良質な蛋白質やDHA、カルシウム、鉄分などの栄養が多く含まれています。

特にω(オメガ)3不飽和脂肪酸が産前産後のうつと関連すると言われています。ω3は体内で合成できず魚でしか効率的に取り込めないことがわかっています。

胎児の成長発達のためにも必要不可欠な食材です。

魚介類の摂取量は年々減少傾向にあり、2019年では20-30歳代の魚介類摂取量は肉類と比べて1/2から1/3しかありません>_<

ツナサラダやブリの照り焼き、サンマの焼き物、カツオのお刺身などを献立に取り入れていただき、積極的に召しあがっていただければと思います🤗  僕も妻の妊娠中にはよく回転寿司に行っていました🍣

 

 

 

ただいま、多くの診察のご予約をいただいております。なるべくお電話に出られるよう対応しておりますが、お電話に出られない場合がございます。大変恐れ入りますがご予約の詳細につきましてはWEB予約からご確認ください。なお、妊婦健診の初診の方はお電話でご予約ください。

24時間受付/無料
WEB予約を確認

電話受付 : 平日 09:00〜12:00 14:00〜17:00 (水・日休診)
土曜 09:00〜12:00
電話をかける