婦人科診療/がん検診

Medical information
【子宮内膜症】
2021/09/05

①子宮内膜症とは

子宮内膜の細胞が子宮以外の場所で増え、生理のたびに炎症をおこし、そこから出血する病気です。

子宮内膜は普段、ホルモンの働きによって子宮の内側で増殖し、時期が来ると月経として排出されます。

子宮内膜症は、子宮の外で子宮内膜が増殖を始めてしまいます。

結果としてお腹の中に生理の血が溜まったような状態になり、その血が接着剤の働きをしてしまい、おなかの臓器は癒着することで、生理痛の症状が出てきます。

このほか、生理期間以外の下腹部痛や排便痛など、さまざまな痛みに悩まされます。

 

②特徴

はじめは検査で見つけられない小さな病変でも、生理のたびに進行して悪化していきます。

ひどくなると手術が必要になることがあります。

子宮内膜症の方の35-50%に不妊症があると言われています。

不妊症を予防するために進行を抑えることが大切です。

 

③どれくらいの割合でなるの?

子宮内膜症は10人に1人の割合で発症する病気で、診断までに長期間かかることもあります。

 

④予防が大切です

ひどくなる前に生理痛の段階からピルを内服し、子宮内膜症の発症や進行を予防していくことが大切です。

 

問診票をダウンロード

問診票をダウンロード

問診票を事前にご入力いただくことで、ご来院後の待ち時間を短縮することができます。
ぜひ、ご利用ください。