妊婦健診

Medical information
【妊婦健診】妊娠中、皮膚がかゆい。スキンケアはどうする?
2022/07/27

妊娠中は新陳代謝が活発になるため汗をかきやすくなり、おなかが大きくなるため摩擦の刺激を受けやすくなります。

体調が問題なければ毎日入浴するのが良く、入浴後はすみやかに保湿剤で保湿していただければと思います。

保湿により角層の水分量が上昇することで、外界からの刺激を防ぎ、かゆみを和らげる効果があります。

 

妊娠中だけに発症するかゆみを伴う皮膚疾患として、妊娠性痒疹というものがあります。

妊娠3-4ヶ月以降に生じ、腕や太もも、おなか周囲にかゆみの強いぶつぶつができます。

治療としては一般的に、ステロイド外用薬の塗布、抗ヒスタミン剤の内服を行います。

皮膚の局所で薬理活性を発揮し、経皮的に吸収されると血中や肝臓で代謝され不活性化し全身性副作用が少ないとされるアンテドラッグステロイド外用薬は妊娠中でも使用できます。

リドメックスコーワ軟膏®0.3% 10gやパンデル軟膏® 0.1% 10g などです。

かゆくて眠れない時もあるなど、周囲が考えている以上に苦痛のこともあるかと思いますので、診察時にご相談ください。

 

ただいま、多くの診察のご予約をいただいております。なるべくお電話に出られるよう対応しておりますが、お電話に出られない場合がございます。大変恐れ入りますがご予約の詳細につきましてはWEB予約からご確認ください。なお、妊婦健診の初診の方はお電話でご予約ください。

24時間受付/無料
WEB予約を確認

電話受付 : 平日 09:00〜12:00 14:00〜17:00 (水・日休診)
土曜 09:00〜12:00
電話をかける