婦人科診療

Medical information
「生理の貧困」 支援の輪📰
2021/11/03

11月3日の、日本経済新聞の朝刊です。

コロナ禍で生理用品を買う経済的余裕がない「生理の貧困」が話題になる中、民間施設等で生理用品を無償提供する動きが広がっています。

埼玉県のららぽーとでは、トイレに生理用ナプキンを無償提供する機器が設置され、アプリをかざすとナプキンを1つ受け取れる仕組みです。

大学生へのアンケートでは20%の人が何かを我慢して代わりに生理用品を購入するなどの経験がある中、さいたま市では区役所の窓口で希望者に生理用ナプキンを配布しているそうです。

当院でもトイレに生理用ナプキンを多めに置いておりますので、ご自由にお持ち帰りください。

この記事を書いたクリニック情報

クリニック名:とまり木ウィメンズクリニック 武蔵小杉
院長:鈴木 毅 (すずき たけし)
診療科目婦人科・子宮がん検診・妊婦健診・ 漢方内科・ピル

当院は【完全予約制】となります。
ただいま、多くの診察のご予約をいただいております。
なるべくお電話に出られるよう対応しておりますが、話中のため、つながりにくい場合がございます。
大変恐れ入りますがご予約の詳細につきましてはWEB予約からご確認ください。
また、よくあるご質問も当ホームページにご用意しておりますので、あわせてご一読いただけますと幸いです。
なお、妊婦健診の初診の方は恐れ入りますが、お電話でご予約ください。

24時間受付/無料
WEB予約を確認

電話受付 : 平日 9:00~12:00 14:00~17:00
土曜 9:00~12:00 休診日:水・日・祝
電話をかける