院長ノート

Blog
妊娠中、歯の検査や治療はした方がいい?🦷
2023/06/23

妊娠中はホルモンバランスの変化や口内環境が変化することから、歯周病やむし歯になりやすいため、普段以上に気をつける必要があります。

 

🦷妊娠中、出産後に約4割の方が口腔状態に変化を感じています。

1位:虫歯になりやすくなった

2位:歯がもろくなる

3位:ハグキの出血がしやすくなった / 口臭が気になるようになった

 

🦷妊婦さんが歯周病にかかっていると・・・

▶︎早産や低出生体重児の出産につながるという報告があります。

🦷妊婦さんに未治療のむし歯があると・・・

▶︎生まれてきた赤ちゃんがむし歯菌に感染するおそれがあります。

生まれたての赤ちゃんの口の中にはむし歯菌はいませんが、やがて大人の唾液などを介して、赤ちゃんの口の中に入ってきます。赤ちゃんをむし歯から守るため、育児にかかわる家族みんなが口の中の清潔を保ち、未治療のむし歯はしっかり治療しておきましょう。

生まれてくる赤ちゃんのためにも、歯と口の健康を保つことが大切です。

つわりがおさまる4-5ヶ月頃の体調のよいときに歯科健診を受診しましょう。

 

この記事を書いた「とまり木ウィメンズクリニック 武蔵小杉」とは

当院は【完全予約制】となります。
ただいま、多くの診察のご予約をいただいております。
なるべくお電話に出られるよう対応しておりますが、話中のため、つながりにくい場合がございます。
大変恐れ入りますがご予約の詳細につきましてはWEB予約からご確認ください。
また、よくあるご質問も当ホームページにご用意しておりますので、あわせてご一読いただけますと幸いです。
なお、妊婦健診の初診の方は恐れ入りますが、お電話でご予約ください。

24時間受付/無料
WEB予約を確認

電話受付 : 平日 9:00~12:00 14:00~17:00
土曜 9:00~12:00 休診日:水・日・祝
電話をかける