院長ノート

Blog
【川崎市 子宮がん検診】どうしてがんになるの?🤔ウイルス感染からってほんと?
2022/03/23

ヒトパピローマウイルス(HPV)という空気中にいるウイルスが持続的に感染することで、細胞の異形成を生じたあと、浸潤がんになります。

HPVに感染しても多くの場合数年以内にウイルスは消失します。

数%の方は持続感染→前がん病変(子宮頸部高度異形成、上皮内がん)のプロセスに移行し、さらにその一部の方が浸潤がんに至ります。

性交渉経験のある方の多くは、HPVに一生に一度は感染すると言われています。

日本では、ほぼ100%の子宮頸がんで高リスク型のHPVが検出されています。

子宮頸がんは年間11,000人が罹患し2,900人がお亡くなりになるなど重大な疾患です。

20歳代から増え始め40歳代でピークを迎えます。

子宮頸がんの前がん病変に対して行われた円錐切除術の手術数は年間13,000件以上です。

円錐切除術ごは妊娠中の流産早産のリスクが高まると言われています。

 

問診票をダウンロード

問診票をダウンロード

問診票を事前にご入力いただくことで、ご来院後の待ち時間を短縮することができます。
ぜひ、ご利用ください。

ただいま、多くの診察のご予約をいただいております。なるべくお電話に出られるよう対応しておりますが、お電話に出られない場合がございます。なお、水・日の定休日以外でも休診とさせていただいている場合がございます。大変恐れ入りますがご予約の詳細につきましてはWEB予約からご確認ください。

24時間受付/無料
WEB予約を確認

電話受付 : 平日 09:00〜12:00 14:00〜17:00
土曜 09:00〜12:00

電話をかける