院長ノート

Blog
「生理の貧困」 支援の輪📰
2021/12/01

 

11月3日の、日本経済新聞の朝刊です。

コロナ禍で生理用品を買う経済的余裕がない「生理の貧困」が話題になる中、民間施設等で生理用品を無償提供する動きが広がっています。

埼玉県のららぽーとでは、トイレに生理用ナプキンを無償提供する機器が設置され、アプリをかざすとナプキンを1つ受け取れる仕組みです。

大学生へのアンケートでは20%の人が何かを我慢して代わりに生理用品を購入するなどの経験がある中、さいたま市では区役所の窓口で希望者に生理用ナプキンを配布しているそうです。

当院でもトイレに生理用ナプキンを多めに置いておりますので、ご自由にお持ち帰りください。

問診票をダウンロード

問診票をダウンロード

問診票を事前にご入力いただくことで、ご来院後の待ち時間を短縮することができます。
ぜひ、ご利用ください。